年の瀬のお金の大掃除40代女子の来年は自然にお金が貯まる仕組に!

12月マネキャリ記事

 

いよいよ年の瀬、今年も残りわずかとなりました。

来年はどんなことを達成したいですか?
目標の貯金額は? 今年のお金を大掃除し、それを踏まえて来年はシンプルな支出の仕組みで自然にお金が貯まる体質を目指しましょう。
この記事では今年の自分お金の流れをしっかり把握して、さらに来年は自然にお金が貯まる体質になるヒントをお伝えします。

 


もくじ

 

 

今年のお金のふり返りその1:今年使った総額を調べてみよう

sketch1472538704680

今年あなたが使った金額はいくらでしょう? 簡単に振り返りをしてみましょう。

方法はいろいろあります。

 

例えば今年の年収から、いくら手元に残っていますか?昨年分の貯蓄がある人はおおよそ昨年から繰り越している貯金をさし引いて計算してください。 今はおおよそインターネット上に様々なお金の履歴が残っています。

ネット銀行なら今年の収支が簡単に見れますし、クレジットカードの明細もネット上に残っています。 またご自身がよく買い物をするインターネット通販(Amazonや楽天など)で購入履歴を見ることもできますよね。

 

面白いもので、自分の購入履歴をみていると自分が何に関心があるのか振り返りもできます。 結構「健康」に気を使っているものを多く買っているな、とか書籍でも金融、IT系が多いな、など振り返りができたまに「え?これ買ったっけ?」というようなものも出てきます。

 

例えばこれが勉強のための書籍費用などの場合、とても前向きで素晴らしいことだとは思うのですが、それで自分にどう結果がでたのかで来年の活動について見直すきっかけにもなるでしょう。

今年のお金のふり返りその3:今年の医療費は?健康管理のふり返り

sketch1472538704680

医療費についても全国健康保険協会(協会けんぽ)のネット照会で調べることができます。 今年はどんな体調不良をおこしたのか、また来年にむけて何か対策はないか考えてみましょう。

 

耳がいたいですが、来年を迎えるということは歳をまたひとつとるということ。 特に女性は更年期障害等、加齢による体の変化もあり、年齢を重ねるごとに体調を崩しやすくなります。 女性ならではの不調を起こした回数、風邪やよく喉などこじらせやすいなど、 自分の体調をよく把握して予防と対策に努めましょう。

 

あなたの人生のスタイルは?スタイルを決めるとセールや流行に左右されない

生活スタイルはみなさんあると思いますが、もっと根本である「人生のスタイル」を決めてそれにそって生活すると無駄なお金を使いにくくなります。 詳しくは先月の記事「稼げる自分に華麗に変身!芯を感じさせる40代女子の装いとは?」をご覧いただきたいのですが、どんな装い、さらには生活など、軸を決めてお金を使うようにすれば、セールや流行に誘惑されず無駄使いはおこりません。

 

大抵、セールや流行「無駄だった」と後悔する買い物には他人軸が含まれています。 よく見せたい、あんな生活水準にしたい、あんな暮らしにしたい、など他からの情報に踊らされて自分がどうしたいのかという視点が欠けているから起こること。 心当たりがある人は来年はどんな自分になりたいのか、どんなスタイルでいくか決めていきたいですね。

今年は忙しかった?なら「余裕」をどうやって生み出せるか考えよう

sketch1472538704680

「え?!もう年末?!早すぎる!」と思った方も多いではないでしょうか? 時間の流れがあっという間だった人は忙しい日々を過ごしていると思いますが、 さらに言ってしまえばその間何も変化がなかった可能性が高いと言えます。

 

なぜなら脳科学者の茂木健一郎氏は「新しい挑戦をしたり、発見が多いと時間の経過が長く感じる」と言います。 そう、毎日同じ仕事、ルーティン、変化のない毎日を過ごしていると、時間の経過が早く感じるのです。 心当たりがある人は、充実した2018年にするためにも何かに取り組むための時間と余裕を作れないか考えみましょう。 余裕が生まれればお金の無駄使いも減らせます。

 

余裕時間をつくるコツ:未来の自分が感謝する、自分のこと「すぐやる課」

日々過ごしていれば、家事も雑務も発生します。ついつい後回しにしたいこういった事もできる事はすぐ取りかかる癖をつけておくと未来の自分が感謝します。例えば朝早起きして、少し時間に余裕ができたら、その時間でできる家事を途中まででもこなす、また夕飯の準備もしてしまうなど、やることがない時間を消していくようにすれば、帰社後夕飯を作る時に、朝のうちに下準備していた自分に感謝するでしょう。

 

なかには「後でまとめてやったほうが効率がいい」と思う人も多いと思いますが、基本家事や雑事はモチベーション高くできる処理とは違い、できる事から潰していくスタイルのほうが結果早く済ます事ができる可能性が高いもの。ぜひ実践してみてほしいです。

まとめ:来年は余裕を生んで充実した1年を

sketch1472538704680

今年のお金の流れや何にいくら使ったのかしっかり振り返れば、来年の対策と目標が立てやすくなりお金の不安が和らぎます。 また自分にとって必要なもの、本当に欲しいものは何か、またいくらあればそれが手に入るのか把握しておくことも大切でしょう。

 

過去を踏まえ、ことの先読みすれば準備ができます、前もって動くことができれば余裕が生まれます。 ぜひ余裕を生み出してそこで新しいことに挑戦できると、きっとあなたの来年は充実したものになるでしょう。

 

 

40歳から始めても、3000万の資産をつくる10年先も困らない貯め方稼ぎ方が学べる マネーキャリア メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事