【シリーズお金に強い女性】笹川祐子社長前編 「18歳までしか生きられない…」小学生の頃から考えていた「人の運命」

IMG_0540

 

 

今月から来月にかけての【シリーズお金に強い女性】は株式会社イマジンプラスの笹川祐子社長です。

【株式会社イマジンプラスHP】https://www.imagineplus.co.jp/

笠井が公私共に大変お世話になっており、私が最も尊敬する女性社長が笹川社長です。

笠井さん

笠井

笹川社長の自己紹介をお願いします。

笹川社長

 

笹川社長
 
私は北海道で生まれたのですが、とっても病弱で学校にまともに通えない子供でした。
教育委員会に許可してもらい、小学校4年生まで本校ではなく分校に通わせてもらうも、
入退院を繰り返す本当に体の弱い子でした。
 
そんな体でしたから、子供時代はほとんど家で過ごしていました。
横になっていると、大人の会話が聞こえて来ます。入院先でも多くの人を見ました。
私の人生観はそんな大人の会話を聞いた影響がとても大きいです。
 
当時、様々な大人が我が家に出入りしていました。
そして同じ人間に生まれてきて、その人生は様々。
 
お金持ちと、そうでない人。
お金はないけど、幸福な人。
お金持ちで幸福な人、お金がなくて不幸な人。
 
子供ごころに「こうも人生は違うのか」と。
人生って何だろう、運命は変えられるんだろうか?
そればかり考えていました
 
当時私は「18歳までしか生きられない」と言われていました。
そして祖父が「この子は18歳までしか生きられないから大事にしてやってくれ」と
遺言を残して亡くなっていったのです。
 
しかし幸い私は中学生、高校生の頃には人並みに元気に生きられていました。
その時思ったのです。もう一つの人生を生かされているのかもしれない。
そうだったら人のためになることをしよう。
そして子供の時から感じた疑問「運命」を研究していきたいと思いました。
 
その後高校生の時は自己啓発書や哲学書、宗教書を読んだりして過ごしました。
大学生の頃から次第に体も元気になってきて、アルバイトをするようになったのですが、
そこでアルバイト先の社長に
「どうやって成功したのですか?」
「子供の頃はどんなふうに過ごしていたのですか?」
「学生時代のアルバイトは?」と聞いてくっついているうちに、
社長に色々な会合や寄り合いに連れて行っていただくようになりました。
 
そこでまたその場にいた社長達に「お話し聞かせてください!」とお願いしたら、
当時大学生の私に色々と聞かせてくださいました。
そこで私は「豊かに成功している人は共通点があるな」と気付いたのです。
 
笠井さん
 
 笠井

その「豊かに成功している人」の共通点とは何ですか?

笹川社長
笹川社長
 
ある経営者が「運は天性で持っているものだけど育て・鍛えていくものだよ」と教えてくれました。
そしてそのためには
『感謝の心』
『よく動き、人に尽くす心』
『人の幸福を一緒に喜べる素直な心』
そして何より『笑顔でいる』ということでした。
豊かに成功している経営者はすべてこれらを踏襲されています。
さらに大人になってからは
誰と会うのか?
どこへいくのか?
それが人生の探求だ!と、
信条にしています。
笠井さん
笠井

それはまさに環境ですよね。弊社の江上もよく言います。環境で人生が変わると。

笹川社長

笹川社長

はい、大人になってから、社会に役立つ人間になろうと奮闘しました。
私には病弱で10代の活動期間がなかった分、20代は猛烈に働こうと、人の3倍活動していたと思います。
 
笠井さん
笠井

最初はOLさんだったのですか?

 笹川社長
笹川社長
 
小さな出版社で広告営業をして、広告をとってきたり、
取材記者に伺わせますと言って、結局私自身が取材に行ったり。笑
撮影から何でもこなしていました。
寝ずに働き、同時に自己投資としてセミナーに行ったり、交流会等で人脈を広げていました。
笠井さん
笠井

20代で色々な経験をされてきたのですね。

笹川社長
笹川社長
ええ、29歳の時に札幌で働いていたのですが、その時に東京のある事業家の方に
「東京に来て一緒に働かないか?」とお誘いを受けました。
私はその方にも「自分で事業をやってみたい」と言っていたので
その将来も見据えて東京に行く決心をしました。
 
しばらくその会社の総務に入って採用、広告関連の仕事をしていました。
採用と広告の仕事が得意だったものですから、自分の得意な分野で仕事をさせてもらいました。
そして新規事業のネタを探したり、人脈を広げようと交流会を主催したりしていました。
 
笠井さん
笠井

それから起業されたのですよね?笹川社長が何歳の時ですか?

笹川社長笹川社長
33歳の時でした。元気いっぱいでしたね。
その事業家の方の会社で新規事業部を作ってもらいました。
1995年ぐらいだったのですが、ちょうどその頃インターネットが世の中に普及し始めた時代です。
そこで デジタル家電のセールスプロモーションの人材、OAコンパニオン、人材育成として事業をスタートさせました。
20代でパソコンスクールで働いた経験もあり、そんな経験と時代がシンクロして事業は急成長しました。
 事業は全国展開するほどに大きくなり、株式上場の準備をするまでになりました。
笠井さん
笠井

今も人材紹介や育成を中心に事業を展開されているのですか?

笹川社長
笹川社長
今は人材派遣、人材紹介、教育研修事業、Re就活という20代に特化した求人サイトの広告代理業、
ジョブマルシェという求人サイトの運営を行っています。
 
あと数年前から、人生100年時代を謳歌していくための「匠アカデミー」という
大工・職人の学校をはじめました。 
 
私も85歳まで生涯現役で働きたいと思っています。
今55歳なのであと30年あるから、自分も新しいことを学んで新しいことをやっていきたいと思っています。
「匠アカデミー」も育てていきたい。
 
ちなみにこのイマジンプラスというある程度規模のある大きな組織は
65歳で社長業はひこうかと思っています。
老害になったらいやなので。苦笑
 
笠井さん
笠井

笹川社長はエネルギー量がすごいです…笹川社長と会合でご一緒させて頂くと沢山の女性社長の方が「笹川さん!」「笹川さん!」と集まって来られる様子を見ると本当に人望が熱い方だと思います。その分多くの方に笹川社長は「与えられて」きているのだと思うのですが、

人付き合いで心がけていることなど教えて頂けますか?

笹川社長
笹川社長
一番が相手のお役に立つということがスタートだと思っています。
「私はこの方の役に立てるとしたらどんなことだろう」と頭をよく巡らしています。
あといつでも明るく元気で機嫌よくいることを心がけています。
 
若い頃出会った経営者の方達は皆さんエネルギッシュで
明るく元気で暖かく人を包み込むようなオーラがありました。
 
 
私は「経営者という人はそういう人なんだ」と思ったのです。
 
しかし実際自分が経営者になってみてわかりました。
経営者にかかわらず人生は良い時ばかりではありません。
資金繰りに苦しんでいたり、 自分や家族に病を抱えていたり、
ハンディキャップなど苦しい事情を抱えていたり。
 
しかしそいういう大変な時こそ笑顔で明るくいることこそ、
大切なことだと思ったのです。
 
笠井さん
笠井

そうなのですね。笹川社長はどこに行かれても、

どんなシーンでも笑顔をもってご挨拶される姿が本当に素晴らしいと思っていました。
私もつい先日江上に言われたのですが、業種にかかわらずサービス業の精神でいることは大事だと。
私は業種は金融になりますが、それでも人とのかかわりは必ずあります。

私だけでなく、オフィスのスタッフもサービス業という気持ちがないとダメだと。

今改めて感じました。

 

笹川社長は私が江上からわーわー言われている時も(笑) 側でフォローしてくださったり、

私にある会合に行けるよう取り計らってくださったり、

本当に笹川社長に与えてもらっていることに感謝です。

そして誰にでもそのようにされているというのが本当に素晴らしいことです。

笹川社長

笹川社長

あとお礼と報告をすることを心がけています。

笠井さん

笠井

それ、意外とできないんですよね。苦笑

笹川社長

笹川社長

確かにお礼と報告ができる人は少ないかも。
でもそれをやると目立つからずーっと紹介してもらえてたりするものです。
これは私が様々な経営者の方とお付き合いさせて頂いたから気をつけていることです。
 
笠井さん
笠井
本当にできる方ほど報告が常にあったりしますよね。
笹川社長と私の大きな違いはそこだといつも感じます。
笹川社長、ありがとうございます!
 
後編へつづく…

 

40歳から始めても、3000万の資産をつくる10年先も困らない貯め方稼ぎ方が学べる マネーキャリア メールレッスン


LINE@始めました。
マネキャリ女子レッスンのニュースを定期的お送りします。
PCなどクリックで友達追加できない方はIDで検索してください。
@wjl8631x line@
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事