3日坊主になっていない? 時間がない40代女性のための目標を自然体で成功させる 「習慣化」の黄金ルール

マネキャリ2月習慣化

 

今年がスタートして早くも1ヶ月。
1月は心新たに目標設定して「今年こそ必ずやり遂げる!」と思ったのに いつの間にか目標の存在すら忘れていた・・・あなたはそんなことになっていませんか?

 

新しいことを始めたり、目標を達成するには「習慣」が重要なキーワードになってきます。

目標があっても途中で挫折してしまう、新しいことを始めたくても続かない・・・

 

達成したいことがあるのであれば、そのためのプロセスを習慣として取り込んでしまえば その成功確率はぐっと上がります。

この記事では、どうすれば良い習慣ができるか、継続するためのコツをご紹介します。

 

 

もくじ

 

人は習慣に支配される、それほど人生に多大な影響を及ぼす「習慣」

sketch1472538704680

習慣とは大投資家ウォーレンバフェットの「人は習慣で行動するので、正しい習慣と振る舞いを早いうちに習慣化させるべきである」という言葉が有名です。 人生はたくさんの選択とその積み上げで形作られています。習慣こそ人生の質を決めるといってもよいでしょう。

よく言われるのは意識的につくりあげた習慣はよい習慣、無意識につくりあげられたのは悪い習慣です。

しかし良い習慣という、意識的に継続する習慣とはなかなか継続が難しいものです。

「嫌だな、辛いな」と脳が感じるだけで、もうその習慣は継続できないでしょう。

自分の人生をコントロールできる強いスキルになる

sketch1472538704680

自分の成功のために、そのプロセスを考え、成果を出すための習慣を取り込んでいける力ができると成功までが早くなります。

また意識的に習慣を取り込めるスキルは自分自身の特性をよく理解したうえで対策を考えることができるということ。

己を深く理解しており、つまり自分の勝ちパターンを知っていることと言えるでしょう。

 

この自分の勝ちパターンを知っていると、人間、非常に強いです。

事実、成功している経営者は知る限りみな自分の勝ちパターンと負けパターンを認識しています。

習慣にもレベルがある

sketch1472538704680

例えば、資格獲得のために勉強をしたり、貯金のために節約をする、こういった行動レベルは色々な習慣の中でも比較的安易に生活に取り込むことができます。早ければ1ヶ月ぐらいで習慣づけることが可能でしょう。

それに比べて少し難易度が上がるのが身体的習慣、早起きやダイエットがこれになるでしょう。完全に習慣にするために数ヶ月間ほど期間も要します。

さらに難易度が上がるのが思考の習慣です。

例えば感情的に物事を判断していた人が常にロジカルシンキングを習慣づけるというのはかなり難易度が高いのです。

個人差があると思いますがこれは1年ぐらい時間を要しそうです。

まずオススメしたいのはまずは行動の習慣にフォーカスして慣らしていくことです。

例えば資格のための勉強も、続けていけば合格が見えてきて試験直前には「早起きして勉強しよう!」という気概になるでしょう。

そういった行動の習慣から派生して難易度の高い良い習慣を取り込んでいくのもアリではないでしょうか?

習慣化するにはいきなり難しいことに取り組まない、小さく達成させていくのがコツです。

必要だと思っていても貯金ができない、節約が続かないそんな習慣を打破するためのヒント

sketch1472538704680

ここでは特に貯金や節約にフォーカスして習慣化するヒントをご紹介します。

しかしこれは勉強や片付けなどの他の習慣にも応用できること。ぜひ参考にしてください。

▪️自動的に行う仕組みを考える

貯金なら私は断然、自動積み立て貯金です。

また投資でもドルコスト平均法という投資手法の自動積み立てがあります。貯金ができない、資産運用しようと思ってもできない人はこういった自動的に行うものを取り入れていきましょう。

40歳で月々5万円で始めたら60歳で1200万円になります。

これに複利効果などを加えたらそれ以上になるでしょう。

勉強や片付けでも考え方は一緒です。起床後15分だけ片付ける、

通勤時間を勉強時間にするなど、自動的に行える仕組みづくりが継続の秘訣です。

 

▪️期限を決める

 

「貯金したい気持ちはあるのになかなかできない」「節約を気にしすぎてお金がたまらない」「貯金が大切なのはわかっているけど不自由はヤダ」 開催するマネーセミナーでこのような悩みを打ち明ける女性に大勢出会ってきました。

そんな彼女達に私はいつも「期限を決めればもっと自由になれますよ」と言っています。 「いつまでにこうしよう」と期限を決めればそこから逆算して今日やるべきことが自動的に決まり、行動もシンプルになります。 それでもなかなか決められない人は「なりたい自分」がいないからかもしれません。 常にお金に対して主導権を握り、自分の幸せな時間のための道具としてお金を使うお金に強い女(ひと)は、なりたい自分を知っています。 自分自身で決めれば自由になれるのです。

 

▪️環境を作る

実は習慣化できない理由は人間の問題ではなく、環境に問題がある。といってもよいほど重要な環境。

習慣化のために環境に投資しても損にはならないと思います。

貯金や節約なら、毎日財布に入れる予算を決めたり、お金がかかる付き合いを断つ、またお金がかかる場所に行かないなどの環境作りを行いましょう。

同じく勉強なども、思い切って講座に申し込みしっかり勉強しないと損するような状況にしたり、勉強グループ、コミニュティに入るのもよいでしょう。

 

▪️長期ビジョンで、未来の自分像を描く

「期限を決める」にも書きましたが、その習慣であなたがどう変わっていくのか、そこにはどんな自分が存在しているのかワクワクとした未来を描けることが大切になります。

また何のために貯金や節約をするのかその理由付けも大切。

ただ不安だからといってやみくもに貯金や節約をしても、全く楽しくないでしょう。

それよりもワクワクとした自分の理想を描き、それに近づく日常を楽しみながらやることが継続の秘訣です。

慣れるまでは毎日やろう!最初の1ヶ月の過ごし方

sketch1472538704680

人間には「ホメオスタシス」という新しい変化に抵抗し、いつも通りを維持しようとする傾向があります。

この脳の働きにより、新しく習慣を取り入れたいと思っても大抵1週間で嫌になってしまいます。

それにより約5割の人が最初の1週間で挫折してしまうそうです。このことから、脳に「いつも通りのこと」と認識されるように維持するための努力が必要になります。

最も最速で脳に「いつもの行動である」と認識させるためには最初の1ヶ月間毎日続けることです。

「ええっ?!毎日?!」と

思うかもしれませんが上記を踏まえ、自動的な仕組みや環境を整備して毎日取り組めば脳は次第に「いつものこと」と認識します。

毎日やるというのは大変です。

突発事項もあって時間が取れない、もしくは急な出費なども発生するでしょう。

まだ習慣化されていない時は、これらの事象に対して「仕方がない」と諦めモードになります。

しかし習慣化されてしまうと脳がなるべくいつもの状態に戻したいと作用するので自然とその穴埋めをする対策を施すようになります。

 

もちろん、それができない日などあったり、休息日を入れて良いと思うのですが、要はやらないことがストレスになる状況にすると、成功速度が一気に加速するということです。(逆にやれない状況がストレスにならないようにも気を付けましょう!)

 

最後に:「習慣は人生を変える!」

sketch1472538704680

良い習慣が続けられる人は、自分自身をよく知っています。

自分が怠けてしまうポイントやキャパシティ、それを踏まえて飽きの回避や継続のモチベーションが上がるスイッチなどを上手に使って習慣の継続を成功させています。

継続させるための「自分対策」が万全なのです。これができればこっちのもの。

もう一度あなたの今年の目標を見直してみてください。その目標が実現した時のあなたを思い浮かべてみましょう。きっと幸せそうに笑っているはずです。 その時のために今年1年どう行動し、その習慣を歯磨きをするような感覚で自然と日常に取り込んでいける方法を改めて考えてみましょう。

40歳から始めても、3000万の資産をつくる10年先も困らない貯め方稼ぎ方が学べる マネーキャリア メールレッスン


LINE@始めました。
マネキャリ女子レッスンのニュースを定期的お送りします。
PCなどクリックで友達追加できない方はIDで検索してください。
@wjl8631x line@
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事