【シリーズお金に強い女性】笹川祐子社長後編  リーマンショックで12億の売上減…その時とった驚きの行動とは?

IMG_0540

笹川祐子社長前編「18歳までしか生きられない…」小学生の頃から考えていた「人の運命」の後編になります。まだこちらの記事をご覧になっていない方はぜひこの記事もご覧ください。(【シリーズお金に強い女性】笹川祐子社長前編「18歳までしか生きられない…」小学生の頃から考えていた「人の運命」
 
笠井さん
笠井

お金について少しお話を聞かせてください。私が笹川社長とのお金についてのエピソードでとても印象にのこっているものがあります。リーマンショックで会社の危機だった時に笹川社長が行った行動についてお話し頂けませんか?

笹川社長

笹川社長

ちょうど今の会社の上場の準備をしていたところでした。
その時にリーマン・ショックが起きて、2年で12億も売上が減ってしまったのです。
 
でもなんとか黒字を達成させました。
 
それができたのはまず上場をいったんやめる、という決断をしたからです。
上場準備費用を大きく削減し、さらに私の役員報酬もカット、
接待交際費はポケットマネーから出して
なんとか達成させたのです。
 
会社は上場の準備をするほどの規模になっていたし、
銀行も融資を続けてくれたので資金繰りはなんとかなりました。
あの時期は銀行から融資を止められてしまう中小企業が多かったと思うのですが、
そういう時に銀行側が「笹川さん、こういう時期こそ手元資金を手厚くしないと」と
融資を続けてくださったのが本当にありがたかったです。
 
というわけで会社はなんとかなったのですが、問題は私。笑
 
役員報酬も大幅にカットして経費も自分持ちでしたから、
数少ない定期預金を取り崩して生活していました。
しかし貯金といっても私は自分のお金をほとんど会社の資本金に
入れていたので本当に僅かな額しかなかったのです。
 
そこで「そうだ!日常生活に必要な日用品は周りのお金持ちに頂こう!」と。笑
周りのお金持ちの方や経営者に頭を下げてお願いして回りました。
 
「すみません、自宅にある余ったものを頂けないでしょうか?
会社はなんとかなったのですが私個人の資金繰りが厳しくて…」と。
 
そうしたら皆笑いながら、色々と下さりました。
 
本当に日用品に困っていたので、使いかけのいらない化粧品とか、せっけん
麺類や乾物とかありませんか?と細かく指定してお願いしましたね。
 
なかには親戚まで声をかけて、使っていないものを回収してくださる人もいました。
「祐子ちゃん、他に足りないものは?」と聞かれたら
ずうずうしく「ストッキングが…」とお願いもしていました。笑
 
あとよくご馳走していた人に
「ごめん、今お金ないから食べさせて」と
お願いしたりして。
 
しかもすごいことに、お金持ちが「こんなものでごめんね〜」と
下さるものがブランド物の良い物ばかりで、
おかげで豊かに過ごすことができました。笑
 
ちなみに「お金持ちはこうやって人に物を差し上げるのか」と
思ったエピソードで、
ある時突然呼ばれ、「笹川さん、失礼なのだけど、
一度このスーツに腕を通してしまったの。」と
下さったスーツがアルマーニのスーツでした…
 
以前、起業を始めてまもない子が私の所へ来た時
「起業したばかりでお金がないのですが何かいらないスーツとか下さいよ〜」と
訪ねて来た時、5、6回ぐらい着てから着なくなったスーツを
「これジルサンダーなんだから〜」と言って渡した自分を恥じました。笑
 
もちろんお願いする前の普段の振る舞いも大切で、
いきなり「ちょうだい」はダメですけど、
お金に関しては見栄をはらないということが大事かなと。
 
2年間苦しい期間を乗り越えて、私の役員報酬も通常どおり戻ってからは、
色々頂いた方にはお礼をしていますよ。
 
笠井さん
笠井
 

お金に関して見栄をはらないことは大事ですよね。結構こういう事は男性経営者には難しい事のように思えます。ちなみに笹川社長の20代の頃のお金の使い方はどうでしたか?貯金とかされていましたか?

笹川社長
笹川社長
私の20代の頃、世はバブルで20代のOLが海外に行ってブランド物をバンバン買ってくるような時代でした。
早くから出世して結構お金があったのですが、ブランド物には一切興味はなかったです
貯金はせず、全部交際費と自己啓発に使っていました。
自己投資でしたね。そのおかげで起業の足がかりになった東京の事業家の方ともご縁ができたので。
 
そして東京に上京してから起業を見据えて毎月の貯金をはじめました。
笠井さん
笠井

まさに笹川社長の礎を築いた20代だったんですね。時間とお金を何に使ってきたかで、将来の自分ができますよね。

笹川社長
笹川社長
私も若い子によく話します。
「10年後のあなたは今のあなたの延長です。
だから漫然と時間を過ごしているとあっという間に10年なんて経ってしまうよ」と。
生物学的に突然変異ってありえませんから。笑
笠井さん
笠井
 

そういえば笹川社長は10年後の未来日記もつけていらっしゃるとか?素敵ですよね。私の講座でも人生計画を作ることを大切にしているのですが、お金ももちろん大事なのですがその前に自分の人生をちゃんと決めないと、お金ってその中の手段の一つじゃないですか?

笹川社長
笹川社長
そうなんですよね。
いくらお金を貯めていても人生楽しめてないのであれば意味はないし、
意外と年収300万円ぐらいの人がコツコツと1000万円貯めていたりもするんですよね。
もちろん貯金も大切なことなのですが
私はそれよりも1000万円稼げる自分になるほうがよいのでは?と思います。
 
少しづつ貯金しながら、稼ぐ力を身につけるための自己投資をする生き金にしていく方が、
人生100年時代といわれる今の時代に合っているんじゃないかと。
 
人生100年だと考えると、なかなか年金だけでは暮らしていけませんから、
なるべく60歳になっても70歳になっても自分で収入をえられるような状態が理想かな、と。
さらに資産はお金だけじゃなく、自分の健康や人間関係も資産ですからね。
お金以外の資産も着実に築いていきたいと思います。
 
笠井さん
笠井

 最後に笹川社長の今後について教えて頂けますか?

 

笹川社長
笹川社長
これからAI時代で激変していくと思います。
創業当初はこれからはインターネットの時代だと感じてその点の人材育成に力を注いできました。
これからはAI時代に生き抜ける価値創造や人材を探求していきたいと思います。
 
笠井さん
笠井

これからはAIを活用出来る人材も大切ですよね。

笹川社長
笹川社長
 
そうですね。
そんな時代に何を残すか考えると最後は「人」と「愛」だと思っています。
 
そして事業を発展させながら元気なおばあちゃんでいたいと思っています。
これからきっと月や宇宙に数百万ぐらいあれば行ける時代になりそうですよね。
月や宇宙や世界中のお友達のところに遊びに行って、たまに起業の相談に来た若い人の相談にのって、
帰りがけにポンとお小遣いをあげれるようなおばあちゃんになりたいです。
 
 
あとね、何のために生きるかってことなんですが、
私達は死ぬために生きていますが…うーん、
こんなこと話すと変な人って思われちゃうかもしれませんが、
最終目標は良き転生を得るためと思っています。
 
今生、頑張っていい事をして来世よい場所からスタートしたいなと。
死ぬまでじゃなくて転生後の自分のためにもがんばりたいです。
そして「来世はあの人と結婚できるといいなぁ」とか考えたり。笑 
すごくお世話になったあの人に来世恩返しがしたいと考えたり。 
 
笠井さん
笠井
笹川社長のとてもロマンチックで良い転生を見据えた生き方、とても勉強になりました。
笹川社長本当にありがとうございました。
 
 
 

40歳から始めても、3000万の資産をつくる10年先も困らない貯め方稼ぎ方が学べる マネーキャリア メールレッスン



【マネーキャリア協会Instagramはじめました☆】

キャプチャ

マネーとキャリアにまつわる役立つひと言を、
素敵な写真に載せて発信しています!

頑張るあなたを応援する想いをこめて、
見るだけで前向きになれる内容にしています。
ぜひフォローしてくださいね。

https://www.instagram.com/moneycareer_planner/

Instagramで「マネーキャリア協会」もしくは
「moneycareer_planner」検索してみてください!

 

 

 


LINE@始めました。
マネキャリ女子レッスンのニュースを定期的お送りします。
PCなどクリックで友達追加できない方はIDで検索してください。
@wjl8631x line@
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事